アラフォーおっさん海外脱出計画

某マップに晒されたおっさんの悪あがきブログ

東京のXデーはいつなんだろうか

既にパンデミックが起きているであろう東京

今週も引きこもって仕事をしているモブ夫です。新型コロナウイルスが相変わらず猛威を振るっています。というかまだまだこれからなんでしょうね・・・。一番かわいそうなのは医療機関の人でしょうか。休める環境にないですし、高確率でウイルスを移されやすい。具合が悪くなって「何で診察してくれないんだよ!」っていう矛先が医療機関関係者の方にいくのは大分違いますよね。政府の失策ですし。1月後半に中国からの入国者を一旦受け入れ停止にしていれば、こんなことにはならなかったでしょう。安倍総理は決断できない総理として、悪い意味で歴史に名を刻みそうです。

無症状感染者はどれくらいいて、いつまでに病状が現れるのか?

仮にですが、2020年2月1日から新型ウイルスの感染者が4人都内にいたとします(もっと前から無症状感染者はそれなりにいるとは思いますが。私も1月末から感染していて症状出てないだけかもしれません)。少なめに見積もって感染者1人当たり1日2人に移していったとします。2倍の等比数列で考えますと・・・
2/1・・・・・・4人
2/2・・・・・・8人
2/3・・・・・・16人
2/4・・・・・・32人
2/5・・・・・・64人
2/6・・・・・・128人
2/7・・・・・・256人
2/8・・・・・・512人
2/9・・・・・・1,024人
2/10・・・・・・2,048人
2/11・・・・・・4,096人
2/12・・・・・・8,192人
2/13・・・・・・16,384人
2/14・・・・・・32,768人
2/15・・・・・・65,536人
2/16・・・・・・131,072人
2/17・・・・・・262,144人
2/18・・・・・・524,288人
2/19・・・・・・1,048,576人
2/20・・・・・・2,097,152人
2/21・・・・・・4,194,304人
2/22・・・・・・8,388,608人
2/23・・・・・・16,777,216人
・・・となります。
東京都の公式ページによれば、2019年10月1日時点での都内の人口は 13,942,856人。少なめな感染力として見積もった「1日2人に移す」という想定でも2/23までに都内の全人口が罹患している状態になります。潜伏期間が長くて24日とすると、3月中旬は症状が出る人が相当数出るのではないでしょうか。現状、重症化しないと検査しない傾向があるようなので、正確な数字は隠蔽されそうですが・・・。中国みたいに外出禁止となっていれば話は別ですが、満員電車放置してる日本なら上の計算通り、もしくはそれ以上の速度で感染が広がっても何ら不思議ではありません。

そもそも安倍首相は何故、2020年1月末時点で中国からの渡航制限をかけなかったのか

①中国から「大ごとにしないで欲しい」と言われて断れなかった

これはニュースでも取り上げられていましたが、安倍首相なら断れないだろうなぁと思います。八方美人ですしね。

②国内経済が回らなくなる

中国からの観光客による消費という点にフォーカスされがちですが、輸出入関係で中国の力を借りている経済分野は多岐に渡ります。電子機器のパーツや日曜雑貨、アパレル系も多いことでしょう。100均のダイソーなんか「Made in China」がまだまだ多いと思います。

③高齢者の数が減ってほしい

消費税を上げても財源が足りず、介護保険料も大幅値上げ。40代以上の世代には相当負担が重くのしかかります。そんな折に飛び込んできた今回の新型コロナの情報。上手くいけば財源の調整が上手くできるのでは?と甘い考えがよぎった・・・のかもしれません。

④ウイルスの感染力を侮っていた

まさかここまでの感染力をもっているとは思わなかったのでしょう。日本はマニュアルがある事柄ならそれなりに対応する力はありそうですが、前例のない自体への対処力はありません。ダイヤモンドプリンセス号で感染者と健常者を閉じ込めて、船内でパンデミックを引き起こしてしまったことからも明らかでしょう。

・・・と色々考えると確かに1月末時点で入国禁止の判断は、誰が首相であっても難しかったかもしれませんね。勘案しないといけない材料が多すぎます。あまり安倍首相を責められないのかもしれません。

今後どうなるのか

①高齢者から先に亡くなっていく

武漢の状態から見ると、医療関係者に対して罹患者が多すぎて、手が回ってない状態が見てとれました。既に基礎疾患持ちの高齢者から、体力的に持ちこたえられず、亡くなられていくのだと思います。

②倒産数が激増する

旅行(客がこない)、タクシー(運転手が集まらない)、警備(高齢者が主力の業種)、パチンコ・カラオケ・ゲームセンターなどの娯楽系(人が狭い範囲で密集するため、客がこない)、テレビ・芸能(五輪が中止になって大赤字がでそう・・・)etc・・・。まだまだ、色んな業種が影響を被りそうです。

③東京五輪が中止になるか、ならないまでも不参加国多数

コロナがなくても日本国民でさえ五輪に対して冷めた目線を向けてたのに、今回のパンデミックで話が流れる可能性はさらに高まったのではないでしょうか。現状「日本とイギリスどっちでやりたい?」と聞かれたらアスリートの大半はイギリスと回答してもおかしくありません。

④円安が加速する

ここ数年「有事の円買い」といった動きがみられましたが、「日本なんて危ない国の通貨もってられるかい!」となり、円売りが加速しそうです。新型コロナ感染を収拾できなければ130円を突き抜けて円安が進行するのではないでしょうか。そうなると、終息後に少し輸出企業が潤いそうなところはあるかもしれませんが・・・。輸入主体の企業は立ち行かなくなり、やはり倒産する運命が待っていそうです。

⑤人口が25%減る

「一度治った人間が再感染してる」なんていう状況で致死率2%です、なんて言われても安心できません。しかも、元になっているデータは中国産です。実際10%~20%くらいの致死率なのではないでしょうか・・・。これは数か月たたないと分かりませんね。有効なワクチンや治療方法が確立されれば話も変わってくるのでしょうが、ご老人程抵抗力のないことを考えると、向こう2年くらいで人口減が加速し、あっさり1億人を切ってくるのではないでしょうか。

個人でできることは

もう、手洗いうがいとか、たかがしれてることしかできませんよね・・・。マスク売ってないし。いつ死んでも悔いが残らないように、やりたいことは今のうちにですかね。